idea;record

IDEA TOPICS

弊社サイトリニューアルのコンセプトと設計について

messageナレッジ・コラム広報より
こんにちは
左川です。

先日、イデアレコードのコーポレートサイトをリニューアルしました。
本日はそのリニューアルにあたってのコンセプトや設計に関するお話をできればと思います。

クラウド事業部 シニアマネージャー 左川裕規
prof_work_naka
 2002年、広告会社へ入社し、マーケティングプランナーとして従事。家電メーカーや大手通信会社、商業施設などのプロモーション戦略やWebサイト制作に携わる。その後、2006年国内最大手シンクタンク野村総合研究所グループ(現)NRIネットコムへ入社。テクノロジーとUXの設計構築コンサルタントとして、大手証券会社のWEB戦略、国内流通産業大手のインターネットマーケティング戦略、ネット損保のWebプロモーション戦略に参画、従事。2016年、株式会社イデア・レコード入社。


リニューアル前に抱えていたサイトの課題

会社の目指している方向性や提供しているソリューション・サービスとの乖離
  • 様々な業界に提供できるソリューションを持っているにも関わらず、飲食に特化した印象を与えてしまっていた。
  • ソリューションやサービスの位置づけがわかりにくかった。
  • ソリューションとして提供しているにも関わらず、サイトに掲載されていないものがあった。

情報発信の質と量、スピードの不足
  • トピックスとして多くの情報を発信してきたが、その分類や設計があまく、伝えたいユーザーに発信できなかったり、重要な情報が埋もれてしまっていた。
  • 多くの実績があるにも関わらず、サイトで打ち出せていなかった。
  • 会社の成長スピードにサイトの更新が追い付いていなかった。
上記のような課題は、お客様からもよく聞くものだったりします。webコンサルティングをやりながらも、自分自身のサイトがそれに陥ってしまっていたことは反省すべき点でした。
それらを解消すべく下記のようなコンセプトと実現すべきことを設定いたしました。

リニューアルコンセプト

「店舗型ビジネスにおけるwebソリューション」に相応しいwebサイトにすること。
つまり、下記の実現。
  • 店舗型ビジネスにおいて飲食を含め、様々な業種の課題に応えるソリューション・サービスを提供できることの訴求。
  • 顧客や関係取引先、社員とその家族など、様々なステークホルダーに対して、会社の取込・活動を伝えること。
  • サイトを訪問したユーザーに対して、目的の情報へスムーズに誘導且つ有益な情報を提供すること
コンセプトについては、リニューアルの指針となるものであり、迷ったときの大きな判断基準となる重要なものとなります。しかし、抽象的になりがちなため、具体化したものを実現するべき事項として添えています。
そして、それらをサイトで満たすために下記のような設計を行いました。

リニューアルのポイント

ポイント1.
提供するソリューションとサービスの位置づけを明確にしたサイト構造・メガナビの設計
  • 各ソリューションを「分野別」「業界別」「課題別」の切り口でマッチングを行い、ユーザーの課題やニーズに応じたソリューションへと誘導
  • ソリューションとサービスの関係性がわかるようにページ構成などを考慮。

※ソリューションとして提供している内容から、業種やメニューなどを絞り込んでわかりやすく商材としてパッケージにしたものがサービスとなります。例えば、「媒体編集ソリューション」は、WEBサイトや各業界の主要な媒体・メディアの改善を通して、集客・販促を支援するものとなります。そこから飲食店に特化したものを「popeye(ポパイ)」というサービス名で提供しております。



ポイント2.
ユーザーの興味に応じてサイト内の移動をスムーズに行えるような導線設計
  • すべてのTOPICSにタグ付けを行い、そのタグを基準に様々な場所で導線として表示しています。TOPページではピックアップやお客様事例エリアを設け、各ソリューションやTOPICS詳細では設定されたタグを持つものを関連記事として自動的に表示するなど、様々な場所で適切な誘導を自動的に行えるようにしています。
  • TOPICS一覧およびTOPICS詳細ではタグ検索を設置。ユーザーのニーズに応じて絞り込みが可能です。
  • TOPICS詳細に関連するサービスへの導線として、おすすめサービスエリアを設置。


ポイント3.
なるべくわかりやすく伝えられるように、見せ方や文言を考慮
  • 各ソリューションやサービスについて、何を提供してくれるものなのか、具体的にどんな成果が得られるのか、他社との違いはどこにあるのか・・・を明確にすることを心がけています。
といった感じでリニューアルを行いました。
リニューアルの過程で、イデアレコードの提供するソリューションやサービスの内容や実際に出来ていること、もっと力を入れていくべきことや課題などを徹底的に議論をしました。
それによって、意識や方向性がより明確に具体的になったことも成果の一つかもしれません。

ただ、今回のリニューアルでコーポレートサイトは、プラットフォームとして生まれ変わったに過ぎません。
我々はwebサイトのコンサルティングをしているお客様に対して、「きちんと運用をしないとサイトを活かせません」ということをよく言います。その言葉を自分自身にも言い聞かせ、運用によってサイトを成長させていけることを自分らで実践し、証明していきたいと思います。

この記事が何かの参考となれば幸いです。
よろしくお願いします。

売上を伸ばしたい!
予約管理が大変!
人手が足りない! 店舗型ビジネスのあらゆる悩みにイデア・レコードは応えます!

PAGE TOP