sam-tsubo

Webマーケティングを考えるにあたって、おさえるべき4つの特長

LEADERS
「LEADERS(リーダーズ)とは」
各事業部の現場リーダーが日替わりで、「最新の技術」「業界の動向」「業界の課題」「課せられるミッション」「トレンド」「WEBマーケティング」などの側面から イデアレコードの取り組みを解説させていただくブログです。
業務に対するの姿勢や新しい挑戦、イデアレコードの企業理念・3つのマインド・クレドを胸に各事業活動を発信していきます。

イデアレコードの企業理念: https://idearecord.co.jp/company/philosophy

Webマーケティング事業部のディレクター坪根です。

「LEADERS」では、主にマーケティングの領域を担当しています。
今回のテーマは「Webマーケティングを考えるにあたって、おさえるべき4つの特長」です。


Webマーケティングを考えるにあたって、おさえるべき4つの特長

「Webマーケティングの特長は?」と問われれば所説ありますが、”おさえるべき4つの特長”という観点では、私は下記の4つと考えます。

  • 数値が見える事
  • スピードが速い事
  • 低コストである事
  • ターゲティング精度が高い事

  • 少し考えれば分かりますし、「当たり前じゃないか!」といった感じですが、私は非常に重要な事だと理解しています。もう少し深堀りして行きましょう。

    数値が見える事
    従来のマーケティング手法はどのメディア・媒体(TV、ラジオ、雑誌、交通広告、道路広告、チラシなど)を使うにしろ、どのくらい効果があったのか?という点に関して、明確に把握する事はとても困難でした。

    例えば、雑誌に広告を掲載して集客をしたいと考えた時、
  • 一体雑誌の読者何名にリーチできたのか?
  • 何人が集客につながったのか?
  • など

    推定する事は出来ても、あくまで推定です。
    しかしWeb上で展開されるマーケティングについては、施策の効果や影響、費用などを全て数値化する事が可能です。数値が見える事で、数値を元にした仮説を立てる事も出来ます。すなわちPDCAサイクルが生まれます。これが非常に重要なのです。

    スピードが速い事
    映像や紙媒体などの制作では、例え1文字だけの修正だとしてもかなりのリードタイムとなります。まして、内容やデザインを変更するとなると、世に出るまでの期間は数か月を要することもあります。雑誌に広告を掲載したが反響が少ないので改善をしたいと思った場合も同様です。

    しかしWeb上のキャンペーンであれば、次の日には数値が出揃い、当日には別の施策を展開する事が可能です。どんな広告キャンペーンでもPDCAを回さずに成功させる事は困難です。例え、成功したとしてもそれはギャンブルをしたのと同じで、偶然なのです。

    低コストである事
    Web上のキャンペーンは他の手法に比べて相対的に安く展開出来ます。予算を自分で決めて実行する事も出来ます。今までメディアを活用した広告キャンペーン、企業ブランディング、会員獲得などは予算をかけられる一部企業のものでした。

    しかし、今は違います。
    アイディアやコンテンツ次第で、どんな企業にも成功できるチャンスがあるのです。

    ターゲティング精度が高い事
    Webマーケティングでは、Web上に蓄積される膨大なデータを使って、より高度なターゲティングが出来ます。

    性別はもちろん年齢、趣味、興味のある事柄など、属性に関すること。Webサイトを訪問した事がある人、3回以上訪問した人、特定の商品を購入した人、特定のWebサイトを閲覧している人など、行動に関すること。
    従来の手法よりも遥かに高い精度で、届けたい人に情報を届ける事が可能です。


    総括

    非常に簡単ではありますが、「Webマーケティングを考えるにあたって、抑えるべき4つの特長」を書きました。
    インターネット技術の発展に伴い、自社の商品や商材を世の中にアピールするチャンスが生まれ、無数に可能性が広がっていると思います。技術の進歩が速く、トレンドの移り変わりも早い業界ですが、常に本質を正しくキャッチアップし、お客様に還元していきたいと思います。

    マーケティングは結局、どこまで行ってもヒト対ヒトです。数値や行動の裏にある感情・心理を正確に読み解くことが大切だと考えています。そのあたりのことも、いづれ記事にしたいと思います。

    グルメサイト専属編集サービス「Popeye(ポパイ)」 https://popeye.tokyo/
    カンタン予約管理システム「お席トットくん」 https://sp.tottokun.jp/

    Webマーケティング事業部 ディレクター 坪根賢治
    prof_work_naka  
    2010年、飲食店の事業会社のマーケティング部において各媒体の予算選定、戦略プランニングや運用型広告の運用に従事。仕事において更なる成長と自分の付加価値を最大化する為、2016年にイデア・レコードに入社。 現在はWEBマーケティング部にて、ディレクターとして日本一を目指せる体制、仕組み作りに奮闘中。