idea;record

Solution

BI(Business Intelligence)

各種データを"見える化"し、迅速な意思決定をサポート!

ソリューション概要

BI(Business Intelligence)は、集めたデータを統合し、効果測定やマーケティング分析のために"見える化"することで、企業様の迅速な意思決定をサポートします。単にデータを集めるだけでは、高度化された複雑な集客施策の成果を見極めることや予約情報から傾向を分析することは出来ません。BIを活用することで、迅速且つ直感的に知りたいことを把握できるのです。

イデア・レコードのBI(Business Intelligence)3つのこだわり

①データを"見える化"することの重要性

データはあくまで数値の寄せ集めに過ぎず、ただ数値を眺めていても分析にはなりません。散乱したデータのままでは状況が"見えない"ため、各種データを集約し、各項目を掛け合わせたり、いろいろな視点・角度から比較したり、値を一定のルールで色付けしたりすることで、状況や変化をわかりやすく把握することが出来るようになります。つまり"見える化"されるのです。

イデア・レコードのSEMは機械的な運用代行ではなく、「SEMを通したCVアップ」を徹底しています。リーチを増やすのはあくまでも手段の一つであり、ゴールである売上アップまで持っていくことが弊社のSEMのこだわりです。

②高度化された複雑な集客施策の効果測定

集客の手法やトレンドは、短いスパンで変化を続けており、年々複雑化しているのが実情です。様々な顧客特性を持つ各メディアが乱立している中、google・yahooの検索エンジンや地図検索が進化を続け、各種SNSも利用が活発化するなど、高度化しています。このような状況化、集客施策の効果測定を正しく行うためにはデータの"見える化"がキーとなります。

広告指標を設定する際も、WEB上のログ情報とこれらのビッグデータを照らし合わせて、指標を出しています。これにより、精度の高い広告戦略を実現できるのが弊社のSEMの強みです。

③蓄積された予約情報の活用

予約情報を分析すると、様々なことが見えてきます。時期や曜日による変化、立地による集客の違い、お客様の属性によるコースの違い・・・など、次のアクションにつながる分析が可能です。しかし、店舗型ビジネスを運営する企業様はどうしても日々の業務に追われてしまい、活用したくても出来ていないのが実情ではないでしょうか。イデア・レコードのBIならば、"見える化"されたデータを基に迅速なアクションができるはずです。

関連サービス

関連記事

提供するのは、「売れる」仕組み。 最適な施策を見極め、マーケティングゴールの達成まで導きます!

PAGE TOP