クラウドソリューション事業部
マネージャー
中村 翔太 Syota Nakamura

自らの成長のために コールセンター事業の世界に飛び込む

イデア・レコードに入社する前は大手通信会社のコールセンターでスーパーバイザーとして働いている中、スーパーバイザー業務の限界を感じていました。
採用活動・業務改善・人材育成・PDCA・KPI管理など、スーパーバイザーに課せられたミッションがいくつもありますが、どれも現場の判断でしかなく、センター全体の運営を任されるほどの裁量までは持たされていませんでした。
センター全体を安定稼働させるためには、これらの業務はルーティンで行われ、日々業務をこなすことだけがミッションとなっていました。

このままではこれ以上成長が見込めないと思い、転職活動をする中でイデア・レコードに出会いました。

入社を決意したのは、代表の柏田との最終面談の際に今後のイデア・レコードの成長を垣間見えたからだと思います。
地方に事業展開する理由・目的・そして何よりスピード感が大きく感じられました。

今までルーティン作業をいかに効率よくこなしていくか、SLA(サービスレベルアグリーメント)を守る体制を維持するといった業務に追われていた頃では考えられなかったミッションが与えられるポジションであると強く感じたのが、イデア・レコードに入社を決めた理由だと思います。

入社して驚いたのはそのスピード感ですね。
イデア・レコードを体現する3つのマインドの一つに「スピードある成長」というのがあります。
そのため、スピード感は常に意識するようにしています。
行動力とそれに伴うトライアンドエラーを繰り返すことで日々成長することが出来ると思いますし、当たり前のことを当たり前にできる体制づくりは今も昔も自分自身の課題だと感じています。

プロフィットセンターとなるコールセンターを運営する醍醐味

インバウンドセンターはコストセンターであることが多いのですが、イデア・レコードのコールセンターは、インバウンドでありながらプロフィットセンターの要素を多く含んでいるので、費用(コスト)だけでなく、収益とのバランスを調整しながら、いかに利益率を高く保っていくかを考えながら業務を行っています。
プロフィットセンターとして、利益率をいかに高く残すことが出来るかを求められることについては非常に面白いと感じていますね。

自分に与えられた裁量の中で利益をいかに多く残すのかを自ら考え実行し、それがもろに結果に反映します。
なので、計画通りにいくこともあればまったく予想だにしなかった結果になることもありますが、なぜそのような結果になってしまったのかを振り返れる環境と、その経験を次に活かせるステージがあるところが魅力だと思います。

前職の経験に関係なく、多くの人たちが活躍している職場

転職時の面接のときから感じていたことですが、イデア・レコードにはチャンスがたくさんあって、さまざまなバックグラウンドを持った人材が活躍しています。
ですが、前職の経験にとらわれることなく、新しい仕事、仕事のやり方に挑戦している会社です。
そうした人たちがそれぞれ裁量を持ち、自分の能力を活かして成果を出し続けています。
このような周りの人たちの仕事ぶりに日々大きな刺激を受けています。
未完成な部分が多いですが、そうした部分こそ自分たちが作り上げていくのは幸せだなと感じています。

そして何よりも、さまざまなプロダクトとサービスが自社の中にたくさんあって、なおかつ自分に裁量をあらえられているフィールドや、周りで支えてくれる仲間たちがいる。
こうした環境を魅力に感じる方にはイデア・レコードは非常にいい会社だと思います。

PageTop

リクルートサイト