ICTソリューション事業部
スーパーバイザー リーダー
松本 愛里 Airi Matsumoto

思ってもいなかったりすることで見えてきた自分の個性

もともとデザイナー志望で、アルバイトとして入社したのですが、いろんな業務をやっているうちに、気がついたらカスタマーサービスのチームのスーパーバイザーになっていました。
でも実際にその業務をやってみて、自分に向いているんだと思いましたね。

適材適所というのは本当にあって、イデア・レコードのように多岐にわたる事業を展開していて様々な職種があるからこそ、私の個性を見抜いてくれたうえで、ぴったりの職務をあててくれたんだと思います。

現在は、スーパーバイザーとして飲食店向けの予約受付サービスを行うカスタマーサポート業務を行うチームのマネジメントを行っています。自分で直接サポート業務をすることもありますが、主に部署内の人員の管理や、新規案件の対応の企画やコールセンターシステムの管理等を行っています。
マネジメント業務中心になりますが、現場を実際に知っていればこそ、わかるし伝えられるものがあるので、イデア・レコードでオペレーターから経験してきたことが役に立っていますね。また、その経験が事業部の共有財産になればきっとよくなると思っています。

“リーダーとしての想い“チームで仕事をすること

できるだけ、自分にしかできないことを作らないようにしていて、万が一、自分がお休みをした時も、滞りなく業務ができるような体制を整えるよう心がけていますね。
仕事には愛着がありますが、独りよがりになってしまうとチームのためにならないですから。そういう思い常に仕事をしているので、チームのメンバーと向き合ってきて、仕事のこともプライベートな悩みも相談にのっています。仕事のパフォーマンスって案外、プライベートなことが影響していることも多いんですよね。だからなんでも相談される人になろうと思って。その結果としてメンバーの成長を実感できたときなどは本当に嬉しいですね。
そうして育てたメンバーが、私からは1しか伝えていないことでも10以上のことをしてくれたり、応用が効くようになった姿を見ると、成長してくれたんだなって実感して嬉しいですね。そういうメンバーの姿をみて、自分もさらにやる気になること、プラスの循環が生まれていると思っています。

部署内は平均年齢も若いこともあって、いつも和気あいあいとしています。でも仕事には真剣そのものですね。
コミュニケーションは、その人の心の状態が、そのままお客様にも伝わりますので、部署内の雰囲気作りも大切にしています。

自発性×スピード感

イデア・レコードは若い人が多く、スピード感のある会社だと思います。
だから毎日がとても刺激的です。このスピード感を楽しめる人ならきっと成長できます。
そして、もう一つ重要なのは、受け身ではなく、自分で考えて行動できる人。
お互いプッシュしあいながら、ともに成長をかみしめていきたいですね。

PageTop

リクルートサイト