idea;record

インタビュー(五十嵐 直隆)

TOP > 採用情報 > インタビュー(五十嵐 直隆)

恒久的にエンドユーザーに愛されるシステムを

ビジネスクリエーション事業部
エンジニア
五十嵐 直隆 2014年 入社

最高の業務環境を作るために

現在はビジネスクリエーション事業部にて、主に弊社クラウドシステム『お席トットくん』と『CREW CHECKER』の開発や社内インフラの構築・保守を行っています。業務効率の改善やハイクオリティな業務のサポートを行う為、日々業務にあたっています。

社内業務上で出てきた課題や、クライアント様から上がってくる要望を元に、その場の解決のみでなく、要望以上の拡張性を持った開発を如何にスピーディに進めていけるか、を基本のスタンスとして置き、自分自身が自信をもって提供できるサービスへと昇華させていく事が使命ですね。
開発も1つの課題を解決したら終了ではなく、課題解決がどこまで解消されたかを検証し、新たな課題を導き出して課題の解決に臨む、商材価値を高める為のPDCAサイクルを意識して開発にあたっています。

常に意見交換を積極的に行うこと

サービスの商材価値を高めるため、社内での意見交換や業務内でシステムを利用した際のフィードバックを積極的に行っています。『お席トットくん』に関しては、コールセンター事業部で予約代行業務を行う中で生まれてきたシステムでもあり、『CREW CHECKER』も社内全体でテスト運用を行いながらの開発の為、常に利用者の声がダイレクトにフィードバックされるので、スピード感を持った運用を進めていくことができています。エンドユーザーが最も近い位置にいるのがこの事業部の特長ですね。
また、両システムで得たマーケティングデータはWEBマーケティング事業部の調査において非常に大きなウェイトを持つ情報となるので、より正確に、詳細なデータを提供する必要があります。事業部としてもより役立つ情報提供を行っていくよう心がけております。

企画段階から携わる

現在開発・拡張を進めている『お席トットくん』『CREW CHECKER』共に企画の段階から事業部エンジニアも携わっており、積極的に意見を発信することができるので、情熱を持って開発を進めていくことができます。
開発に入ってからは、海外にも拠点を構えるパートナー企業様と密な連携をとりながら、プロジェクトチーム全体で成功に向けて主体的に動いていくので、常に密度の濃いチャレンジを行っていくことができます。他社様からの目やご意見もいただけるので、システムクオリティアップに非常に有意義なものになっています。
開発要件・用途に合わせてそれぞれのスキルを駆使した言語の使い分けや、環境選択には裁量が与えられているので、チェレンジ精神旺盛な方にはとてもやりやすい環境が整えられています。エンジニアの枠のみに囚われず能力を伸ばしていきたい方にとってはポジティブな職場だと思います。

仕事のやりがいとむずかしさ

システム開発者は利用者からの反応が得にくく、営業部やサポート部門を通して不具合報告や改善要求ばかり…ということがありますが、イデア・レコードの場合は社内の別事業部で主システムとして稼働しているため、良くも悪くも反応がダイレクトに得られます。
また、設計や開発だけではなくサービスを提供するサーバの設置・運用や社内のシステム系インフラの管理運用と関わる業務は多岐にわたるので、その気になればいくらでもスキルアップできる環境もあります。 反面、直接反応が得られるということは、こちらからのアウトプットも直接伝える必要があります。こちらの都合だけでなく、相手の事情を考慮したうえで重要度や効率を考慮し、依頼者と交渉してバランスよくタスクを処理していくのは慣れるまでは難しいと感じるかもしれません。

PROFILE

ビジネスクリエーション事業部エンジニア
五十嵐 直隆 2014年 入社

2002年、システム運用会社に就職し、公営競技の運用業務に従事。2005年に転職、ASP型業務支援システムからカタログ通販サイトまで、多様なWebサービスの開発、運用を経験。2014年、イデア・レコードに入社。提供サービスの設計、開発から社内のネットワーク管理までシステム系バックエンド業務を一手に担う。

PageTop