sam_20160915

無性にラーメンが食べたくなって、お店に行ったときに感じた寂しさの件について

ほぼデイリーSAGAWA こんにちは
CCO 兼 CTO のSAGAWAです。

先日、無性にラーメンが食べたくなったので、煮干しで有名な某ラーメンチェーン店に行ってみました。
店に入ったところ、違和感を感じました。

テーブルがなくてカウンター席だけ?
ホールスタッフの1人しか姿が見えない?
席1つ1つにディスプレイがついてる?


main_20160915
そんな疑問を抱きつつ、席に座ったのですが、すぐにその謎が解けました。
回転ずしのラーメン版でした。

img_20160915_1
  • 券売機で購入したチケットのQRコードを、ディスプレイのカメラで読み込ませる。
  • 麺の固さや辛さ、油の量などをタッチパネルで選択。
  • しばらくしたら、ラーメンが流れてくる。


  • このラーメン屋って、
    新宿のゴールデン街の小さな店から始まったすごくアナログなところだったのですが、まさか新店舗がこんな風になっていたとは・・・

    メニューの種類が多く、小刻みに注文をする回転ずしみたいな形態では、このタイプのシステムは適していますが、まさかラーメン屋にあるとは驚きでした。

    店舗という空間は、食事をするだけではなく、
    メニュー選びやスタッフとのやりとり、料理が運ばれて来る瞬間など、店側からするとシステマチックにしたい部分にこそ、その店の風情があったりします。

    それが薄くなってしまって、寂しいなぁと感じました。
    っていう感情を抱いてしまった自分が、歳を取ったんだなぁと思った次第です。


    SAGAWAとは
    SAGAWA 早稲田大学卒業後、広告会社へ入社。マーケティングプランナーとして従事。家電メーカーや大手通信会社、商業施設などのプロモーション戦略や、Webサイト構築を担当。

    その後、国内最大手シンクタンク野村総合研究所グループ(現)NRIネットコムへ入社。
    WEBテクノロジーとUXの設計構築コンサルタントとして、大手証券会社のWEB戦略、国内流通産業大手のインターネットマーケティング戦略、 ネット損保のWebプロモーション戦略に参画、従事。
    2016年、株式会社イデア・レコード入社。