sam-tsubo

WEBマーケティングの選択肢・手法に関して

LEADERS
「LEADERS(リーダーズ)とは」
各事業部の現場リーダーが日替わりで、「最新の技術」「業界の動向」「業界の課題」「課せられるミッション」「トレンド」「WEBマーケティング」などの側面から イデアレコードの取り組みを解説させていただくブログです。
業務に対するの姿勢や新しい挑戦、イデアレコードの企業理念・3つのマインド・クレドを胸に各事業活動を発信していきます。

イデアレコードの企業理念: https://idearecord.co.jp/company/philosophy

Webマーケティング事業部、ディレクター坪根です。
「LEADERS」にて主にマーケティングの領域を担当しています。

今回のテーマは「Webマーケティングにおける選択肢・手法について」書きたいと思います。
一言で「Webマーケティング」と言っても解釈と意味領域が広く、つかみにくいワードだと思います。 また、具体的手法を挙げだすと簡易的な物もあれば難易度の高い物まで多岐に渡ります。 今回はその中でも代表的な手法と特徴をまとめました。


WEBマーケティング=集客手法と思われがち

私が考えるWebマーケティングとは、「目的・課題」や「企画内容」、「施策のタイミング」によって何がベストな手法であるかを選択すること。
これそのものがWEBマーケティングであると考えます。

○手法を選ぶために押さえておくべきポイント

・達成すべき数値目標。
・複数の目標設定が存在するかどうか。
・ビジネスの特性や企業のステージによって生まれる経過KPIや最終的なKGIなどの把握。
・流行などの市場把握、またチャネルデバイスの技術革新などの外部環境要因の把握。
・エンドユーザーのタッチポイントの洗い出し、接触シチュエーションの具体化。

(まだまだ押さえるべきポイントはありますが)最低限上記が具体的に整理されて ようやく手法を選びに移ることになります。


Webマーケティングの目的

WEBマーケティングにおいて解決すべき課題が具体的である場合や、流行などの接触機会の拡大、接触デバイスの技術革新などの外部環境に応じて 詳細に設定されたKPIによって様々な手法に分かれ、ビジネスの特性や企業のステージによっても使うツールも千差万別。 ゴールは多数存在するケースもあると思いますが、Webマーケティングの大きな目的で言うと、まず目的別に2種に分ける事が出来ます。

集客

顧客になってもらう(ファンになってもらう)

目的にあったWebマーケティングの手法を選択しましょう。


集客する為の主なWebマーケティング施策の種類

下記の手法は大きくSEM(Seach Engine Marketing検索エンジン最適化という意味)と分類されます。要は検索エンジンにおいて自らのWebサイトを意図するキーワードに上位表示し集客をしようという活動です。

SEO・・・ご存じSEO(Seach Engine Optimizatin)日本語にすると検索エンジン最適化です。意図するキーワードの検索結果の上位を目指します。

MEO・・・Map Engine Oputimizationの略。地域+業種の検索キーワードに強いです。

PPC広告・・・Pay Per Click広告。つまり1クリック毎に費用の発生する広告。リスティング広告やリターゲティング広告もこの一種。表示回数による課金もあります。

メディア広告・・・既に集客力を持ったインターネットメディアの広告枠に出稿します。

SMM・・・Social Media Marketingの略。ソーシャルメディア上で自分達の意図するイメージを作ったり、情報を拡散してもらいます。

SNS広告・・・SNS上で広告枠に広告を掲載したり、それぞれのプラットフォームで用意されている方法で広告を掲載、配信する手法です。
などなど


顧客になってもらう為の主なWebマーケティング

何らかの手法によって集客した顧客に自分の商品について知ってもらい、具体的にアクションを起こしてもらう為にWebサイトのUI、デザインやコピーライティング、コンテンツなどを改善していく活動です。最近ではコンテンツの価値を高める事自体が集客にも良い影響を与え、小手先の集客よりもコンテンツを磨く事が重要になってきています。

LPO・・・Landing Page Optimizationの略。Webサイト訪問者がWeb広告など外部からのリンクをクリックした際に最初に表示されるWebページを、「訪問者が着地するページ」という意味でランディングページ(landing pages)と呼びます。そのLPのコピーやデザイン、コンテンツなどを分析、改善する事です。

EFO・・・Entry Form Optimizationの略。エントリーフォームの改善をし、よりユーザーが申し込みしやすい様にします。私はほぼやった事がない領域です。

CRM・・・Customer Relationship Managementの略。顧客満足度と顧客ロイヤルティの向上を通して、売上の拡大と収益性の向上を目指す手法です。非常に広義ですが、近年とても注目されています。私も研究中です。

メールマーケティング・・・昔からありますが、今も健在です。費用も掛からず成果もでる王道のマーケティング手法です!

コンテンツマーケティング・・・最近の一番のトレンドです。価値のあるコンテンツを提供し続ける事によって、ユーザーを惹きつけエンゲージメントを生み出します。最終的には収益に繋がる行動をこしてもらいます。「コンテンツイズキング!」です。
などなど


目的にあったWebマーケティングの手法を選択しましょう。

上記で色々とご紹介させて頂きましたが、それぞれにまた特徴があります。すぐに実施できるものから、成果を得るまで時間がかかるものまであります。 まずは自分がWebマーケティングで何をしたいのかを整理しましょう。目的、KPI、KGIを明確にした上で、最適な手法を選択する。それがWebマーケティングです。

トレンドがあり、技術進歩があり、どんどん出来る事が増えていっているのが現状です。 それらをキャッチアップしていくのは正直ものすごく大変・・・(汗)
しかし、常にインプットを続け顧客に還元していきたいと思います。それが付加価値になると思っています。 今後の記事ではご紹介した手法を深堀していきたいと思っています!お楽しみに!!

グルメサイト専属編集サービス「Popeye(ポパイ)」 https://popeye.tokyo/
カンタン予約管理システム「お席トットくん」 https://sp.tottokun.jp/

Webマーケティング事業部 ディレクター 坪根賢治
prof_work_naka  
2010年、飲食店の事業会社のマーケティング部において各媒体の予算選定、戦略プランニングや運用型広告の運用に従事。仕事において更なる成長と自分の付加価値を最大化する為、2016年にイデア・レコードに入社。 現在はWEBマーケティング部にて、ディレクターとして日本一を目指せる体制、仕組み作りに奮闘中。